トップへ
戻る
English Break
      −英語で一休み−

英語と多言語学習への道

Why we study English・U―

 日本語と英語とは、ある意味では、
..............................................対極に位置する言語であると言えます。

英語は、Phonetical(音声的)な言語であるのに対し、日本語は、Pictorial(絵画的)な言語であるからです。

さらに、音声的にも、その固有の周波数は、日本語が、数ある世界の言語の中でも、最も低いレベルの周波数帯で話されているのに対し、英語は、世界の言語の中でも、最も高いレベルの周波数帯で、話されている点でもそう言えます。

言語構造
も、英語は、語順で決まるのに対し、日本語は、語順は、文法的には、形容詞が名詞を修飾するという語順以外は、ほとんど存在しない言語です。そのために、私達日本人にとって、英語を学ぶことは、必ずしも容易なこととは、ならない結果を作り出しています。

しかし、この言語構造や、音声特性の乖離は、必ずしも、日本人に不利に働くわけではないのです。










先に述べた周波数帯のことで言えば、その周波数帯が、最も広い、日本語と英語の領域をもカバーしているロシア語を例にとると、ロシア語を話す、人達の中には、数か国語をマスターした、所謂ポリグロットと呼ばれる人達が多くいることが、知られています。音声周波数の領域が、すなわち、言語習得にも、有利に働いているのです。このことは、中国人が、日本語と英語を両方流暢に話せることとも関係があります。中国語は、英語の特徴である「息」の音の区別、“有气音”と“無气音”という音の区別を持ち、かつまた、日本語の特徴である、高低アクセントの区別を、4つの声調“四声”として持っています。ですから、中国人にとって、言語構造を等しくし、子音も共通する英語をマスターすることは、日本人に比べて比較的容易であり、共通する漢字と、高低により意味の変わる日本語をマスターすることも比較的容易であるわけなのです。

ですから、私達日本人は、英語を学ぶ必要があると言えます

まず、他のいかなる言語より、先んじて、英語を学ぶ必要があるのです。つまり、世界でも最も低い周波数に属する、日本語を知っている私達が、最も高い周波数を持つ、英語を学び、その音を自分の物にすることは、つまりは、その間の周波数に属する他の言語、

例えば、仏語や、独語は言うにおよばず、これから重要になる中国語もその習得を容易にしてくれる基礎力をつくることになるのです。
 英語の「音の習得」と学習とは、すなわち、私達日本人に多言語学習への道を開いてくれることに他ならないのです。